フォン・ヴィレブランド病/フォンウィルブランド病 タイプ III

フォン・ヴィレブランド病/フォンウィルブランド病 タイプ III

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    フォンウィルブランド病は、犬で最も一般的な遺伝性出血性疾患で、機能的なフォンウィルブランド因子が欠乏することで発症します。 フォンウィルブランド因子は、血小板が正常に接着し、血液が正常に凝固するために必要な因子です。 フォンウィルブランド病には3つのタイプがあり、III型は患畜の血液中のフォンウィルブランド因子が検出されない場合に発症します。 これは劣性遺伝で、最も重篤なフォンウィルブランド病の型です。このタイプのフォンウィルブランド病は、重度の出血性疾患と出血のエピソードを引き起こし、重度の出血エピソードは、若い犬で見られることがあります。 診断は、出血の問題があるがPTとAPTTが正常(あるいはAPTTが軽度延長)な犬で疑われ、フォンウィルブランド因子値の検査で確認することが可能です。犬種によっては、DNA検査が可能です。 シェットランドシープドッグはこの形態のフォンウィルブランド病に最もよく罹患し、シェルティの病気を検査するためのDNA検査があります。出血は、外傷や手術の後に起こることもあれば、何の理由もなく起こることもあり、生命を脅かすこともあります。 若い動物の中には、一晩中ひどい内出血が続いた後、単に死んでいるのが発見されることもあります 内出血の徴候には、無気力、運動不足、呼吸数および/または呼吸努力の増加、歯ぐきの青白さなどがあります。 治療には、入院して輸血や血漿輸液、集中治療が必要な場合があります。
  • カテゴリー:
    血液・リンパ性疾患 - 血液とリンパに関連する疾患
  • static-content..gene:
    27染色体上のフォンウィルブランド因子 (vWF)
  • Variant Detected:
    Deletion of C
  • Severity:
    Moderate-Severe. This is a disease with significant welfare impact on the affected animal, in terms of clinical signs and generally reduced life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Venta, PJ. et al. Mutation Causing von Willebrand’s Disease in Scottish Terriers. (2000) J Vet Intern Med 14;10-19.

フォン・ヴィレブランド病/フォンウィルブランド病 タイプ III

¥16,600

カート