捕捉好中球症候群 / 好中球減少症 / グレーコリー症候群 (TNS) (ボーダーコリー系)

捕捉好中球症候群 / 好中球減少症 / グレーコリー症候群 (TNS) (ボーダーコリー系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    これはボーダーコリーの常染色体劣性疾患であり、非常に長い間犬種に存在していたようであり、すべての系統で発生します。好中球が骨髄によって産生される免疫障害ですが、血流への好中球の放出を妨げる欠陥があります。これにより、感染症にかかりやすくなり、感染が悪化し、感染が繰り返される傾向があります。一部の子犬は小さくて骨が細かく見えますが、他の子犬は正常に見えます。子犬はしばしばワクチン接種にひどく反応し、重度の発熱と病気を発症します。ほとんどの影響を受けた動物は、6ヶ月齢までに死亡または安楽死させられます。影響を受けた動物は、血液検査では好中球数が少ないが、骨髄生検では好中球が豊富であると診断されます。繁殖動物を検査し、保菌動物を検出できるように、DNA検査が利用可能になりました。ボーダーコリーの人口の10〜15%がトラップされた好中球症候群の保因者であると推定されています。この病気の治療法はありません。
  • カテゴリー:
    免疫疾患 - 免疫系の臓器や細胞に関連する疾患
  • static-content..gene:
    13番染色体上の真空タンパク質ソーティング13ホモログB(VPS13B)
  • Variant Detected:
    ヌクレオチド欠失CanFam2.1(g.4411956_4411960delGTTT)
  • Severity:
    Moderate. This disease can cause significant signs of discomfort and/or dysfunction in affected animals. It may involve relatively high treatment/management costs, and can sometimes reduce life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    シャーマン、JR。 etal。コーエン症候群の犬のモデル:トラップされた好中球症候群。 (2011)BMC Genomics 12; 258。

捕捉好中球症候群 / 好中球減少症 / グレーコリー症候群 (TNS) (ボーダーコリー系)

¥16,600

カート