脊椎癒合不全(ワイマラナー 系)

脊椎癒合不全(ワイマラナー 系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    骨格異形成2型は、ラブラドール・レトリバーが罹患する遺伝性の筋骨格系疾患である小人症の一種です。罹患した場合、短い脚と正常な体長・体幅を有する軽度の「不釣り合いな小人症」を発症します。また脚の骨は短くて太く、わずかに曲がっており、前脚は後脚よりも強く病気の影響を受けますが、関節や眼は、通常この病気では影響を受けません。罹患した犬の体高は様々で、身体的特徴のみから診断することが困難な個体もいます。例えば大型犬を産むとされる血統でかつ軽症である犬は、体高がその犬種の標準に収まっていることがあります。この原因変異は不完全浸透性であり、2つのコピー(両親から1つずつ)を受け継いだすべての犬が、明白な小人症の身体的特徴を示すわけではありません。
  • カテゴリー:
    神経系・神経疾患 - 脳や脊髄、神経に関連する疾患
  • static-content..gene:
    NKX2-8
  • Variant Detected:
    c.174del_G;ins2bp(AA)
  • Severity:
    Moderate-Severe. This is a disease with significant welfare impact on the affected animal, in terms of clinical signs and generally reduced life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    PLoS Genet. 2013;9(7):e1003646.

脊椎癒合不全(ワイマラナー 系)

¥16,600

カート