レイン症候群歯髄下ミネラル化(ボーダーコリー系)

レイン症候群歯髄下ミネラル化(ボーダーコリー系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    レイン症候群歯髄下ミネラル化は、ボーダー・コリーが罹患する遺伝性疾患です。この疾患は、重度の歯の摩耗を引き起こし、その結果歯髄炎を生じるため、抜歯が必要となります。歯の低石灰化は、ヒトのレイン症候群に対する犬のモデル(ヒトと類似した疾患を示す例)です。イヌの場合、歯科検診において歯の著しい摩耗が認められ、下顎側切歯は歯肉縁近くまで摩耗していることもあります。またエナメル質は薄茶色に変色し、くすんで見えます。さらに摩耗した歯の中には、摩耗の結果、歯髄の露出や歯髄炎が見られることもあります。
  • カテゴリー:
    デンタル(歯の病気)- 歯および歯の構造に関連する疾患
  • static-content..gene:
    FAM20C
  • Variant Detected:
    c.899C>T
  • Severity:
    Moderate. This disease can cause significant signs of discomfort and/or dysfunction in affected animals. It may involve relatively high treatment/management costs, and can sometimes reduce life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Hytönen MK, Arumilli M, Lappalainen AK, Owczarek-Lipska M, Jagannathan V, Hundi S, et al. (2016) Molecular Characterization of Three Canine Models of Human Rare Bone Diseases: Caffey, van den Ende-Gupta, and Raine Syndromes. PloS Genet 12(5): e1006037. doi:10.1371/journal. pgen.1006037 Hytönen, M.K., Lohi, H. : Canine models of human rare disorders. Rare Dis 4:e1241362, 2016. Pubmed reference: 27803843. DOI: 10.1080/21675511.2016.1241362.

レイン症候群歯髄下ミネラル化(ボーダーコリー系)

¥16,600

カート