進行性網膜委縮症(遅延型)(バセンジー系)

進行性網膜委縮症(遅延型)(バセンジー系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    進行性網膜萎縮症(バセンジー型)は、バセンジーに発症する成人発症型の遺伝性眼疾患です。罹患した場合、網膜の裏側にあるタペタムと呼ばれる構造物の反射率や外観が変化し、こうした変化は、5歳頃に動物病院の眼科検査によって観察されます。病気が進行すると、6~7歳頃には網膜血管が細くなり、網膜への血流が減少します。初期症状としては、薄暗い場所での視力低下(夜盲症)や、周辺視野の欠損がみられます。病気の進行や程度は個体によって異なりますが、多くの場合、完全に視力を失うまで進行します。しかし日中の視力が何年も維持される犬もおり、場合によっては一生維持されることもあります。
  • カテゴリー:
    眼科疾患 - 眼球および関連構造に関する疾患
  • static-content..gene:
    S-antigen visual arrestin (SAG) on Chromosome 25
  • Variant Detected:
    Base Substitution c.1216T>C p.TAG405ArgExtSTOP25
  • Severity:
    Low-Moderate. This disease can cause some discomfort and/or dysfunction in the affected animal. It does not generally affect life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive with Incomplete Penetrance
  • RESEARCH CITATION(S):
    Goldstein O, et al. A non-stop S-antigen gene mutation is associated with late onset hereditary retinal degeneration in dogs. (2013) Mol Vis 19;1871-1884.

進行性網膜委縮症(遅延型)(バセンジー系)

¥16,600

カート