プレカリクレイン欠乏症(シーズー系)

プレカリクレイン欠乏症(シーズー系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    プレカリクレイン欠乏症は、犬が罹患する希少な遺伝性の血液疾患です。プレカリクレインは、血液凝固過程の一部であるタンパク質で、欠乏すると血液が凝固するまでの時間が長くなります。この疾患を持つ犬は、正常な血液凝固に必要な他のタンパク質が同時に欠損している場合、重度の出血を起こすことがあります。またあざができやすく、頻繁に鼻血が出たり、手術や外傷の後に出血が長引くことがあります。この疾患は軽度であるため、手術や外傷を受けた際に過剰な出血が認められるまで、罹患していることが特定されない場合があります。プレカリクレイン血症であることがわかっている犬の手術を行う獣医師は、輸血用の保存血を利用できるようにしておく必要があります。罹患した場合、血液凝固にかかる時間は長くなりますが、ほとんどのイヌが通常の寿命を持ちます。
  • カテゴリー:
    血液・リンパ性疾患 - 血液とリンパに関連する疾患
  • static-content..gene:
    Kallikrein B1 (KLKB1) on Chromosome 16
  • Variant Detected:
    Base Substitution c.988T>A p.Phe330Ile
  • Severity:
    Low-Moderate. This disease can cause some discomfort and/or dysfunction in the affected animal. It does not generally affect life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Okawa T, et al. Prekallikrein deficiency in a dog. (2011) J Vet Med Sci 73(1):107–111.

プレカリクレイン欠乏症(シーズー系)

¥16,600

カート