多発神経症/ポリニューロパシー  GJA9 (レオンベルガー/セントバーナード系)

多発神経症/ポリニューロパシー GJA9 (レオンベルガー/セントバーナード系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    若年性喉頭麻痺・多発神経炎(JLPP)は、ブラック・ロシアン・テリアやロットワイラーにみられる神経疾患で、初期症状は喉頭と咽頭に現れます。健康な犬では、体内で最も長い神経のひとつが、喉頭と呼ばれる声帯の筋肉に達しています。吠えているときは、声帯の上を空気が移動し、振動し始めます。一方、息を吸うときには、喉頭の筋肉が声帯を横に引っ張るため、空気が肺に入りやすくなります。
  • カテゴリー:
    神経系・神経疾患 - 脳や脊髄、神経に関連する疾患
  • static-content..gene:
    GJA9
  • Variant Detected:
    c.1107_1108delAG
  • Severity:
    Moderate. This disease can cause significant signs of discomfort and/or dysfunction in affected animals. It may involve relatively high treatment/management costs, and can sometimes reduce life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28841859?dopt=Abstract

多発神経症/ポリニューロパシー GJA9 (レオンベルガー/セントバーナード系)

¥16,600

カート