骨軟骨異形成症(ミニチュアプードル系)

骨軟骨異形成症(ミニチュアプードル系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    骨軟骨異形成症は、構造的、代謝的、および内分泌学的な原因によって生じる、軟骨および骨の障害の幅広い疾患群のうちの一つです。骨軟骨異形成症は、約60年前にミニチュアプードルで報告されましたが [1] 、分子生物学的にはいまだ解明されていません。この障害は、生後3週間になってはじめて観察される、発育不全と運動能力に生じる異常が大きな特徴となっています。
  • カテゴリー:
    筋骨格系疾患 - 筋肉や骨、及びその構造に関連する疾患
  • static-content..gene:
    SLC13A1
  • Variant Detected:
    g.63600045_63729942del129897bp
  • Severity:
    Low-Moderate. This disease can cause some discomfort and/or dysfunction in the affected animal. It does not generally affect life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    ALPLoS One. 2012;7(12):e51917. doi: 10.1371/journal.pone.0051917. Epub 2012 Dec

骨軟骨異形成症(ミニチュアプードル系)

¥16,600

カート