新生子脳症(プードル系)

新生子脳症(プードル系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    新生子脳症(プードル系)は、遺伝性の神経疾患です。発症した子犬は、出生時に同胎犬よりも小さく、生後数日で授乳が困難になり、多くの場合生後1週間以内に亡くなります。また生後3週目までには、筋力低下、震え、歩行困難、ガニ股の歩行、高頻度の転倒などの神経症状を示すようになります。この病気はすぐに重篤な発作へと進行し、治療が効かなくなってしまうため、通常生後7週目までに亡くなるか、あるいは安楽死させられます。
  • カテゴリー:
    神経系・神経疾患 - 脳や脊髄、神経に関連する疾患
  • static-content..gene:
    Activating transcription factor 2 (ATF2) on Chromosome 36
  • Variant Detected:
    Base Substitution c.152T>G p.Met51Arg
  • Severity:
    Moderate-Severe. This is a disease with significant welfare impact on the affected animal, in terms of clinical signs and generally reduced life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Chen X, et al. A neonatal encephalopathy with seizures in standard poodle dogs with a missense mutation in the canine ortholog of ATF2. (2008) Neurogenetics 9;41-49.

新生子脳症(プードル系)

¥16,600

カート