新生子小脳皮質変性症 (ビーグル系)

新生子小脳皮質変性症 (ビーグル系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    新生子小脳皮質変性症 (ビーグル系)は、ビーグルが罹患する早期発症の遺伝性疾患です。症状は、通常子犬の協調運動が発達する生後3週目ごろに出現します。罹患した場合、小脳の細胞が劣化し、協調運動の欠如や平衡感覚の欠如を伴う臨床症状が現れます。そのため歩行が困難になり、頻繁に転倒してしまいます。その他の症状としては、足と頭の痙攣するような動き、よろめき、足の交差およびガニ股の歩行などが挙げられます。また食事などの作業を行おうとする際に、頭と脚の震えがしばしば現れ、激しくなっていきます。病気の進行は一見遅いように見えますが、回復することはないため、安楽死させられる場合が多いです。
  • カテゴリー:
    神経系・神経疾患 - 脳や脊髄、神経に関連する疾患
  • static-content..gene:
    SPTBN2
  • Variant Detected:
    Deletion
  • Severity:
    Moderate. This disease can cause significant signs of discomfort and/or dysfunction in affected animals. It may involve relatively high treatment/management costs, and can sometimes reduce life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    BMC Genet. 2012 Jul 10; 13:55. [PubMed: 22781464] Kent M, Glass E, deLahunta A. Cerebellar cortical abiotrophy in a beagle. J Small Anim Pract. 2000 Jul;41(7):321-3. [PubMed: 10976629]

新生子小脳皮質変性症 (ビーグル系)

¥16,600

カート