イヌ黄斑角膜ジストロフィー(MCD)(ラブラドール系)

イヌ黄斑角膜ジストロフィー(MCD)(ラブラドール系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    イヌ黄斑角膜ジストロフィー(MCD)は、常染色体劣性形質として遺伝する比較的まれな疾患であり、少なくとも両親ともに保因犬でなければ、発症することはありません。この疾患の特徴としては、角膜が混濁すること、角膜が異常に薄くなることが挙げられます。罹患した犬は、角膜(目のうち、車に例えるとフロントガラスに相当する部分)にグリコサミノグリカンが異常に蓄積されるため、目が濁っていきます。
  • カテゴリー:
    眼科疾患 - 眼球および関連構造に関する疾患
  • static-content..gene:
    LOC4
  • Variant Detected:
    c.814C>A
  • Severity:
    Low-Moderate. This disease can cause some discomfort and/or dysfunction in the affected animal. It does not generally affect life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Vet Ophthalmol. 2019 Jan 30. doi: 10.1111/vop.12596. [Epub ahead of print] Phenotype of macular corneal dystrophy in Labrador Retrievers: A multicenter study. Busse C1, Kafarnik C1, Linn-Pearl R2, Volmer C1, Matiasek K3, Premont JE4, Dulaurent T5, Douet JY6, Gilbert I7, Jalomäki S8, Trost K9, Isard PF5, Boyd R10, Raymond I6. Tetas Pont, R., Downs, L., Pettitt, L., Busse, C., Mellersh, C.S. : A Carbohydrate Sulfotransferase-6 (CHST6) gene mutation is associated with Macular Corneal Dystrophy in Labrador Retrievers. Vet Ophthalmol 19:488-492, 2016. Pubmed reference: 26585178. DOI: 10.1111/vop.12332.

イヌ黄斑角膜ジストロフィー(MCD)(ラブラドール系)

¥16,600

カート