巨大血小板性血小板減少症(ケアンテリア、ノーフォークテリア系)

巨大血小板性血小板減少症(ケアンテリア、ノーフォークテリア系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    白質脳脊髄症(LEMP)の症状としては、体の動きを制御できないこと、距離を判断できないこと、全身の筋力低下、測定過大、過度な脊髄反射が挙げられます。神経細胞の検査により、ミエリンの分解とそれに続く軸索の腫れが明らかにされています。症状は通常幼い年齢から現れ、さらにこの疾患は進行性であるため、罹患した場合は通常安楽死させられます。
  • カテゴリー:
    血液・リンパ性疾患 - 血液とリンパに関連する疾患
  • static-content..gene:
    Tubulin beta 1 class VI (TUBB1) on Chromosome 24
  • Variant Detected:
    Base Substitution c.5G>A p.Arg2His
  • Severity:
    It is a trait and so is tested based on preference, not usually for health concerns.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Gelain, ME. A novel point mutation in the ?1?tubulin gene in asymptomatic macrothrombocytopenic Norfolk and Cairn Terriers (2014) Vet Clin Path 43(3);317-321.

巨大血小板性血小板減少症(ケアンテリア、ノーフォークテリア系)

¥16,600

カート