白質脳脊髄症 (LEMP)

白質脳脊髄症 (LEMP)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    白質脳脊髄症(LEMP)の症状としては、体の動きを制御できないこと、距離を判断できないこと、全身の筋力低下、測定過大、過度な脊髄反射が挙げられます。神経細胞の検査により、ミエリンの分解とそれに続く軸索の腫れが明らかにされています。症状は通常幼い年齢から現れ、さらにこの疾患は進行性であるため、罹患した場合は通常安楽死させられます。
  • カテゴリー:
    神経系・神経疾患 - 脳や脊髄、神経に関連する疾患
  • static-content..gene:
    NAPEPLD
  • Variant Detected:
    Insertion
  • Severity:
    Moderate-Severe. This is a disease with significant welfare impact on the affected animal, in terms of clinical signs and generally reduced life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Oevermann, A., Bley, T., Konar, M., Lang, J. and Vandevelde, M. (2008): A novel leukoencephalomyelopathy of Leonberger dogs. Journal of Veterinary Internal Medicine, 22: 467–471. doi:10.1111/j.1939-1676.2008.0068.x Minor KM, Letko A, Becker D, et al. (2018) Canine NAPEPLD-associated models of human myelin disorders. Scientific Reports 8, Article number: 5818. doi:10.1038/s41598-018-23938-7

白質脳脊髄症 (LEMP)

¥16,600

カート