若年性皮膚筋炎  [PAN2 リスクアレル]

若年性皮膚筋炎 [PAN2 リスクアレル]

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    皮膚筋炎(DMS)は、ヒトとイヌの両方に発症する皮膚と筋肉の自己免疫疾患です。犬では、シェットランド・シープドッグやコリーに多くみられ、環境因子と遺伝的因子の組み合わせにより発症します。多くの場合、顔、耳先、足腰、尾の先などの部位に脱毛や痂皮状のかさぶたを伴う皮膚病変が見られます。生後3ヶ月の子犬から発症する可能性がありますが、成犬になってから発症する場合もあります。それぞれ組み合わせられた際にDMSの危険因子を決定する3つの遺伝子(PAN2、MAP3K7CL、DLA-DRB1)があります。この3つの遺伝子は、それぞれ別の染色体上に存在するため、個別に検査することができます。
  • カテゴリー:
    皮膚科系疾患 - 皮膚に関連する疾患
  • static-content..gene:
    PAN2
  • Variant Detected:
    MAP3K7CL (c.383_392ACTCCACAAA>GACT) on chr 31
  • Severity:
    Moderate-Severe. This is a disease with significant welfare impact on the affected animal, in terms of clinical signs and generally reduced life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Complex - Mode Unknown
  • RESEARCH CITATION(S):
    https://www.americanshetlandsheepdogassociation.org/dermatomyositis/ https://journals.plos.org/plosgenetics/article?id=10.1371/journal.pgen.1006604&rev=2

若年性皮膚筋炎 [PAN2 リスクアレル]

¥16,600

カート