若年性皮膚筋炎  [MAP3K7CL リスクアレル]

若年性皮膚筋炎 [MAP3K7CL リスクアレル]

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    犬の皮膚筋炎(DMS)は、皮膚と筋肉の遺伝性自己免疫疾患であり、遺伝子の影響を受けますが、環境的な要素も発症に関係しています。 DMSは、遺伝的、表現的に類似しているコリーとシェットランド・シープドッグでのみ診断されており、両犬種に共通する祖先に原因遺伝子があると考えられています。またDMSに類似した症状が、ウェルシュ・コーギー、レークランド・テリア、チャウチャウ、ジャーマンシェパード、クヴァスなどの他の犬種で報告されています。初期の皮膚筋炎の特性と症状は、通常6か月齢までの幼犬に現れますが、生後7〜11週で現れることもあります。初期の臨床症状には、顔、耳、尾の先端、および手足と足の骨の隆起部分における痂皮(かひ)や鱗屑(りんせつ)が挙げられます。皮膚の病変は、病気の進行とともに悪化し、脱毛が生じることもあります。皮膚の病変は、通常数週間から数カ月で治癒しますが、慢性的に再発することもあります。また頭部の筋組織が委縮する場合があり、摂食・飲水・嚥下障害や変則的な鶏状歩行などの徴候として現れます。 DMSは通常、ウイルス感染や紫外線などのストレス要因といった環境的な誘因への反応として発症します。これまでの診断は、患部の皮膚や筋肉を生体検査することで行われてきました。
  • カテゴリー:
    皮膚科系疾患 - 皮膚に関連する疾患
  • static-content..gene:
    MAP3K7CL
  • Variant Detected:
    MAP3K7CL (c.383_392ACTCCACAAA>GACT) on chr 31
  • Severity:
    Moderate-Severe. This is a disease with significant welfare impact on the affected animal, in terms of clinical signs and generally reduced life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Complex - Mode Unknown
  • RESEARCH CITATION(S):
    https://journals.plos.org/plosgenetics/article?id=10.1371/journal.pgen.1006604&rev=2 https://www.americanshetlandsheepdogassociation.org/dermatomyositis/

若年性皮膚筋炎 [MAP3K7CL リスクアレル]

¥16,600

カート