魚鱗癬(ぎょりんせん)(ノーフォークテリア系) 

魚鱗癬(ぎょりんせん)(ノーフォークテリア系) 

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    犬の魚鱗癬は、遺伝性の単発性角化異常症で、早期に発症し、生涯にわたって持続する。角化異常症は、表皮の異常な分化(角化)を特徴とする異質な疾患群を形成している。魚鱗癬は、臨床的には全身の鱗屑によって、病理組織学的には角質層の肥厚によって区別される。獣医学的には、魚鱗癬は、表皮溶解型と非表皮溶解型に分類されることが多い。犬の魚鱗癬の多くは非表皮溶解性であり、臨床的、病理組織学的、超微細構造的プロファイルは多様である。 犬の魚鱗癬は、遺伝性の単一遺伝子性の角質化障害であり、早期に出現し、一生続く。角質化障害は、表皮の異常な分化(角質化)を特徴とする不均一なグループの疾患を形成します。このグループのメンバーであるTheichthyosesは、臨床的には一般化されたスケーリングによって、組織病理学的には、ほとんどの場合、肥厚した角質層によって区別できます。獣医学では、魚鱗癬は現在、一般的に表皮溶解性または非表皮溶解性のサブタイプに分類されています。犬で報告されたほとんどの症例は、不均一な臨床的、組織病理学的および超微細構造的プロファイルを伴う非表皮溶解性です。
  • カテゴリー:
    皮膚科系疾患 - 皮膚に関連する疾患
  • static-content..gene:
    Keratin 10 (KRT10) on Chromosome 9
  • Variant Detected:
    Base Substitution c.1125 + 1 G>T p. exon5/intron5 splice site
  • Severity:
    Low-Moderate. This disease can cause some discomfort and/or dysfunction in the affected animal. It does not generally affect life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Credille KM, et al. Mild recessive epidermolytic hyperkeratosis associated with a novel keratin 10 donor splice-site mutation in a family of Norfolk terrier dogs.(2005) Br J Dermatol, 153;51-58.

魚鱗癬(ぎょりんせん)(ノーフォークテリア系) 

¥16,600

カート