魚鱗癬魚鱗癬(ぎょりんせん)(アメリカンブルドッグ)

魚鱗癬魚鱗癬(ぎょりんせん)(アメリカンブルドッグ)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    犬の魚鱗癬は、遺伝性の単発性角化異常症で、早期に発症し、生涯にわたって影響する疾患です。角化異常症は、表皮の異常な分化(角質化)を特徴とする異種の疾患群を形成しています。魚鱗癬に伴う症状は、非常に幼い時期から始まりものもあり、裏側の無毛の皮膚が赤くなり、その後、褐色の鱗片としわのような外観になります。 成犬になる頃には、犬の下面は褐色の鱗屑で覆われ、毛のある部分には白から褐色の鱗屑が見えるようになります。 また、足裏が厚くなったり、ひび割れたりすることもあります。魚鱗癬の治療は、角質溶解シャンプーで乾燥と鱗屑を取り除くことであり、週1回から毎日使用する必要があります。 また、保湿効果のあるオイルを塗布し、皮膚のバリア機能を維持し、二次感染を予防します。 食事は脂肪酸を補い、時にレチノイドも使用したほうがいいでしょう。 感染症は適度に治療できますが、治療法はなく、罹患犬は繁殖に使われるべきではありません。
  • カテゴリー:
    皮膚科系疾患 - 皮膚に関連する疾患
  • static-content..gene:
    NIPA like domain containing 4 (NIPAL4) on Chromosome 4
  • Variant Detected:
    Nucleotide Deletion c.744delC p.Thr248Thrfs1X
  • Severity:
    Low-Moderate. This disease can cause some discomfort and/or dysfunction in the affected animal. It does not generally affect life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Casal, ML. A Defect in NIPAL4 Is Associated with Autosomal Recessive Congenital Ichthyosis in American Bulldogs (2017) PLoS One, 12(1): e0170708.

魚鱗癬魚鱗癬(ぎょりんせん)(アメリカンブルドッグ)

¥16,600

カート