高尿酸尿症 / 高尿酸血症

高尿酸尿症 / 高尿酸血症

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    LC2A9遺伝子(変異体)の両方のコピーに変異がある犬は、尿中の尿酸値が上昇する傾向があるため、高尿酸尿症と呼ばれます。尿酸は、尿路に結晶や石(尿路結石)を形成する可能性があり、高尿酸尿症の犬は、最も一般的に、頻尿、尿中の血液、および排尿時の力み、再発性尿路炎症の症状がみられるようになります。また、食欲不振、無気力、脱力感、嘔吐、痛みを伴うこともあります。膀胱内の尿路結石は、尿路感染症、またはより深刻な尿道の閉塞を引き起こす可能性があります。オスとメスの両方の犬が影響を受ける可能性がありますが、解剖学的構造の違いにより、男性では尿の流れが妨げられることがより一般的です。
  • カテゴリー:
    泌尿器系・泌尿器疾患 - 腎臓、膀胱、尿管、尿道などに関連する疾患
  • static-content..gene:
    Solute carrier family 2 member 9 (SLC2A9) on chromosome 3
  • Variant Detected:
    Base Substitution c.563G>T p.Cys188Phe
  • Severity:
    Low-Moderate. This disease can cause some discomfort and/or dysfunction in the affected animal. It does not generally affect life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Bannasch D, et al. Mutations in the SLC2A9 gene cause hyperuricosuria and hyperuricemia in the dog. (2008), PLOS genet, 4;11,e1000246 Bannasch, D., Young, A., Myers, J., Truve, K., Dickinson, P., Gregg, J., Davis, R., Bongcam-Rudloff, E., Webster, M.T., Lindblad-Toh, K., Pedersen, N. : Localization of canine brachycephaly using an across breed mapping approach. PLoS One 5:e9632, 2010. Pubmed reference: 20224736. DOI: 10.1371/journal.pone.0009632.

高尿酸尿症 / 高尿酸血症

¥16,600

カート