鼻不全角化症/ドライノーズ(ラブラドールレトリバー系)

鼻不全角化症/ドライノーズ(ラブラドールレトリバー系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    遺伝性鼻孔角化症(HNPK)または遺伝性鼻不全角化症(HNPK)とも呼ばれるこの疾患は、生後6ヶ月から12ヶ月で発症して、鼻先に乾燥したざらざらした痂皮ができます。ひどい場合には、鼻にひびが入り、強い不快感が生じ、鼻の周囲に病変が生じることもあります。このような犬の鼻は、細菌感染しやすく、時間の経過とともに色素が失われることがありますが、獣医師の診察と外用療法・局所療法で治療することができます。
  • カテゴリー:
    皮膚科系疾患 - 皮膚に関連する疾患
  • static-content..gene:
    2番染色体上のSuppressor of variegation 3-9 homolog 2 (SUV39H2)
  • Variant Detected:
    塩基置換c.972T> G p.Asn324Lys
  • Severity:
    Low. This disease generally causes mild signs of disease, or can be quite easily treated/managed.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Jagannathan V, et al. A mutation in the SUV39H2 gene in Labrador Retrievers with hereditary nasal parakeratosis (HNPK) provides insights into the epigenetics of keratinocyte differentiation. (2013) PLoS Genet, 9;10,e1003848.

鼻不全角化症/ドライノーズ(ラブラドールレトリバー系)

¥16,600

カート