遺伝性掌蹠角化症(ドーグ・ド・ボルドー / ボルドー系)

遺伝性掌蹠角化症(ドーグ・ド・ボルドー / ボルドー系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    遺伝性足蹠角化症(HFH)、趾角化症とも呼ばれます。 足蹠の表皮(皮膚の外側の層)の発達に異常がある病気です。 罹患犬の足蹠は、最初は非常に滑らかな表面で発育します。 その後、硬くなって成長を続け、亀裂や横方向の突出が形成されます。 この亀裂は、特に感染症を引き起こすと、痛みや跛行の原因となります。 重症の場合は、歩行が困難になることもあります。出生時には正常であった足蹠角化症が、生後4〜6ヶ月で初めて見られるようになります。 アイリッシュセッターでは、足蹠の病変に加え、爪が通常よりやや早く伸び、丸みを帯びた外観になることがあります。 その他の皮膚には異常はありませんが、足蹠はすべて侵されます。足蹠角化症は治療法がありません。 治療は、足湯につかり、余分な角質を削り取ることです。 処方されたクリームを亀裂に塗ったり、抗生物質を使用して蹄葉炎を抑えたりします。 この疾患の兆候を抑えるために足の管理を継続的に行うことで、ほとんどの犬は、幸せで快適な生活を送ることができます。
  • カテゴリー:
    皮膚科系疾患 - 皮膚に関連する疾患
  • static-content..gene:
    KRT16
  • Variant Detected:
    Variant c.1147-1148delGT, ins[CGGA],c.1163delC, Protein - p.Glu392*
  • Severity:
    Low-Moderate. This disease can cause some discomfort and/or dysfunction in the affected animal. It does not generally affect life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25521457

遺伝性掌蹠角化症(ドーグ・ド・ボルドー / ボルドー系)

¥16,600

カート