遺伝性白内障(優性/顕性)

遺伝性白内障(優性/顕性)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    犬の白内障のほとんどの症例は遺伝性です。この病気は目の水晶体に曇りを引き起こします。この曇りは、レンズの中央、またはレンズの前面または背面に向かって発生する可能性があり、遺伝性白内障は、ほとんどの場合、両側性です(つまり、両眼)。この病気は、子犬が最初に目を開いたときから約6〜8歳まで、幅広い年齢層で明らかになる可能性があります。出生時またはその前後に発症する白内障は、先天性白内障と呼ばれます。 2歳未満の犬に発症するものは若年性白内障と呼ばれ、2〜6歳の犬に発症するものは成人発症白内障と呼ばれます。 8歳以上の犬に発症するものは、一般に遺伝性ではなく、他の病気(糖尿病など)が原因である場合もあります。白内障はまた、さまざまな速度で進行(悪化)する可能性があり、その結果、初期にかすみ目が生じ、しばしば完全な失明に進行する可能性があります。一部の白内障は非常に急速に進行する可能性があります。また、まったく進行しない可能性もあり、これは静的白内障と呼ばれます。先天性白内障は、本質的に静止している場合もあれば、進行する場合もあり、遺伝性であるか、または他の遺伝性の欠陥(例えば、持続性瞳孔膜または持続性硝子体動脈)に続発するか、または子宮内感染、毒性または他の胎児外傷に続発することもあります。白内障は、レンズに現れると目の検査か他の原因を除外することによって診断されます。一部の犬種では、遺伝性の白内障に対して利用可能なDNA検査があります。ほとんどの白内障は外科的に治療することができ、これが早期に行われると予後が良くなり、合併症の可能性が低くなります。眼内交換レンズがしばしば配置され、これは術後の視力を改善するのに役立ちます。白内障が主に懸念される犬種を繁殖する場合は、スクリーニング検査によって親がこの疾患を持っていないことを確認する必要があります。ほとんどの地域で、遺伝性眼疾患の登録プログラムが認められていまスノで、ブリーダーは登録をして、このプログラムに参加することを強くお勧めします。オーストラリアでは、オーストラリア獣医協会がオーストラリア犬眼科スキーム(ACES)を運営していて、米国では、犬の目の登録財団(CERF)があります。白内障はまた、糖尿病や低カルシウム血症などの他の疾患と関連している可能性があり、内部で生成された毒素(網膜変性によって生成されたものなど)や外部の毒素を含むいくつかの毒素が原因である可能性があります。糖尿病に関連する白内障は、しばしば非常に急速に進行します。また、高齢の犬の目の白い曇りとしてよく見られる硬化症と呼ばれる目の水晶体の通常の加齢変化とは異なりますので注意してください。多くの場合、飼い主は白内障と混同してしまう傾向がありますが、レンズの硬化は視力の喪失を引き起こしません。
  • カテゴリー:
    眼科疾患 - 眼球および関連構造に関する疾患
  • static-content..gene:
    HSF4
  • Variant Detected:
    C.971-972 delC
  • Severity:
    Low-Moderate. This disease can cause some discomfort and/or dysfunction in the affected animal. It does not generally affect life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Dominant
  • RESEARCH CITATION(S):
    Mellersh, CS. et al. Identification of mutations in HSF4 in dogs of three different breeds with hereditary cataracts (2006) Vet Ophthal 9(5);369-378.

遺伝性白内障(優性/顕性)

¥16,600

カート