汎進行性網膜萎縮症 PRA 2 (ゴールデンレトリバー系)

汎進行性網膜萎縮症 PRA 2 (ゴールデンレトリバー系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    進行性網膜萎縮症(GR-PRA2)は、犬に発症する晩発性の遺伝性眼疾患です。発症年齢は様々ですが、平均して4~5歳で網膜変性に関連する臨床症状を示し始めます。進行性の網膜萎縮の初期臨床症状として、反射率の変化やタペタムと呼ばれる網膜の裏側の構造物の外観が見られ、獣医眼科検査で観察することが可能です。進行すると、網膜の血管が細くなり、網膜への血流が減少します。初期には薄明かりの下での視力低下(夜盲症)や周辺視力の低下がみられ、進行するとほとんどの犬で完全に失明します。
  • カテゴリー:
    眼科疾患 - 眼球および関連構造に関する疾患
  • static-content..gene:
    8番染色体上のテトラトリコペプチドリピートドメイン8(TTC8)
  • Variant Detected:
    c.669delA p.Lys223Arg-frameshiftX15
  • Severity:
    Low-Moderate. This disease can cause some discomfort and/or dysfunction in the affected animal. It does not generally affect life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Downs LM et al, Canine Genetics and Epi, A novel mutation in TTC8 is associated with progressive retinal atrophy in the golden retriever, (2014) 1:4 1-12.

汎進行性網膜萎縮症 PRA 2 (ゴールデンレトリバー系)

¥16,600

カート