挿間性転倒/発作性転倒(キャバリア系)

挿間性転倒/発作性転倒(キャバリア系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    転倒症候群(EFS)は、犬に発症する遺伝性の疾患です。通常、発作は通常14週から4歳の間に始まり、運動時や興奮した時、欲求不満になった時に伴うことがよくあります。しかし、発作は、いつでも、どのような状況でも起こり得ます。EFSは、筋肉の障害で、特に四肢の筋肉の緊張が高まり、四肢が伸びた状態で「ロック」されたようになります。この筋肉の痙縮により、特徴的な「祈るような」姿勢や倒れるような状態になります。発作は通常、数秒から数分の長さで、自然に治ります。発作の間は神経学的に正常です。発作の重症度や回数は犬の一生を通じて変化し、特定の進行パターンに従うことはありません。
  • カテゴリー:
    神経系・神経疾患 - 脳や脊髄、神経に関連する疾患
  • static-content..gene:
    ブレビカン(BCAN)染色体7
  • Variant Detected:
    ヌクレオチドの欠失とヌクレオチドの挿入15.7kbの欠失ins(GGCCTT)
  • Severity:
    Low-Moderate. This disease can cause some discomfort and/or dysfunction in the affected animal. It does not generally affect life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Gill JL, et al. A canine BCAN microdeletion associated with episodic falling syndrome. (2012) Neurobiol Dis 45;130-136.

挿間性転倒/発作性転倒(キャバリア系)

¥16,600

カート