シスチン尿症(ミニチュアピンシャー系)

シスチン尿症(ミニチュアピンシャー系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    皮膚、眼、爪に影響を及ぼすCKCSの先天性疾患として、先天性角結膜炎・魚鱗癬様皮膚症(CKCSID)、あるいはより一般的には「ドライアイカーリーコート症候群」と呼ばれている症候群があります。水性涙の産生低下と涙液膜の質的異常により、粘着性の粘液性眼脂が生じ、重症例では角膜に潰瘍を形成することがあります。生後数ヶ月の間に、背骨と脇腹に沿った持続的な鱗屑と、粗く縮れた脱毛性の被毛が明らかになり、しばしば犬は掻くようになる。腹部皮膚は、成犬期に色素沈着と角化過剰を起こす。
  • カテゴリー:
    泌尿器系・泌尿器疾患 - 腎臓、膀胱、尿管、尿道などに関連する疾患
  • static-content..gene:
    SLC7A9
  • Variant Detected:
    c.964G>A
  • Severity:
    It is a trait and so is tested based on preference, not usually for health concerns.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    J Vet Intern Med. 2013 Sep 3. doi: 10.1111/jvim.12176. [Epub ahead of print]

シスチン尿症(ミニチュアピンシャー系)

¥16,600

カート