頭蓋下顎骨症(とうがいかがくこつしょう)(テリア系)

頭蓋下顎骨症(とうがいかがくこつしょう)(テリア系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    ブリーダーの間では「ウェスティー・ジョー」「スコッティー・ジョー」と呼ばれることもあり、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、スコティッシュ・テリア、ケアーン・テリアの幼犬に多く見られる病気で、常染色体劣性(潜性)遺伝すると考えられています。この病気は、下顎の骨や鼓膜(内耳の骨の一部)が増殖し、時には頭部の他の骨にも影響を及ぼすことがあります。このため、骨が成長する時期(幼犬期)に異常な肥大を起こし、咀嚼や飲み込みに問題が生じたり、口が開きにくくなったりすることがあります。罹患犬の中には、口を開けるときに痛みを感じる子もいます。この病気は通常、1歳未満の犬に見られる自己限定性の病気です。骨の過剰な成長は1歳前後で遅くなり、やがて止まり、場合によってはいくらか後退することもあります。多くの場合、治療は対症療法のみで、軟らかい食べ物や抗炎症剤・鎮痛剤の投与が行われます。
  • カテゴリー:
    筋骨格系疾患 - 筋肉や骨、及びその構造に関連する疾患
  • static-content..gene:
    SLC37A2
  • Variant Detected:
    c.1332C>T
  • Severity:
    Low-Moderate. This disease can cause some discomfort and/or dysfunction in the affected animal. It does not generally affect life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    2018 Vagt, J., Distl, O. : Complex segregation analysis of craniomandibular osteopathy in Deutsch Drahthaar dogs. Vet J 231:30-32, 2018. Pubmed reference: 29429484. DOI: 10.1016/j.tvjl.2017.11.008. 2016 Hytönen, M.K., Arumilli, M., Lappalainen, A.K., Owczarek-Lipska, M., Jagannathan, V., Hundi, S., Salmela, E., Venta, P., Sarkiala, E., Jokinen, T., Gorgas, D., Kere, J., Nieminen, P., Drögemüller, C., Lohi, H. : Molecular Characterization of Three Canine Models of Human Rare Bone Diseases: Caffey, van den Ende-Gupta, and Raine Syndromes. PLoS Genet 12:e1006037 2016. Pubmed reference: 27187611. DOI: 10.1371/journal.pgen.1006037. Hytönen, M.K., Lohi, H. : Canine models of human rare disorders. Rare Dis 4:e1241362, 2016. Pubmed reference: 27803843. DOI: 10.1080/21675511.2016.1241362. 2012 Pettitt, R., Fox, R., Comerford, E.J., Newitt, A. : Bilateral angular carpal deformity in a dog with craniomandibular osteopathy. Vet Comp Orthop Traumatol 25:149-54, 2012. Pubmed reference: 22366888. DOI: 10.3415/VCOT-11-02-0022. 2011 Thompson, D.J., Rogers, W., Owen, M.C., Thompson, K.G. : Idiopathic canine juvenile cranial hyperostosis in a Pit Bull Terrier. N Z Vet J 59:201-5, 2011. Pubmed reference: 21660851. DOI: 10.1080/00480169.2011.579556. 2010 Ratterree, W.O., Glassman, M.M., Driskell, E.A., Havig, M.E. : Craniomandibular osteopathy with a unique neurological manifestation in a young Akita. J Am Anim Hosp Assoc 47:e7-12, 2010. Pubmed reference: 21189419. DOI: 10.5326/JAAHA-MS-5464.

頭蓋下顎骨症(とうがいかがくこつしょう)(テリア系)

¥16,600

カート