先天性停在性夜盲症

先天性停在性夜盲症

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    先天性静止型夜盲症(CSNB)は、犬が罹るまれな遺伝性の眼病です。CSNBは、視覚情報の収集と脳との情報伝達を担う網膜の変性がゆっくりと進行する病気です。生後5週目から夜間視力が低下し、2~3歳になってから眼科的な変化が現れます。網膜の表面に薄茶色の斑点ができ、これらの斑点は時間とともに大きくなり、網膜全体が侵されるようになります。暗いところでは動きたがらなくなり、やがて昼間の視力も失われます。
  • カテゴリー:
    眼科疾患 - 眼球および関連構造に関する疾患
  • static-content..gene:
    6番染色体上のRPE65
  • Variant Detected:
    AAGAの削除
  • Severity:
    Low-Moderate. This disease can cause some discomfort and/or dysfunction in the affected animal. It does not generally affect life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Mol Vis. 1998 Oct 30; 4:23. [PubMed: 9808841] Invest Ophthalmol Vis Sci. 2010 Dec; 51(12):6793-802. [PubMed: 20671290] Genomics. 1999 Apr 1; 57(1):57-61. [PubMed: 1019108} Doc Ophthalmol. 1194; 87:337-354. [PubMed: 7851218]

先天性停在性夜盲症

¥16,600

カート