小脳皮質変性症(ハンガリアンビズラ系)

小脳皮質変性症(ハンガリアンビズラ系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    小脳皮質変性症(CCD)は、多くの犬種に影響を与える神経変性のプロセスとして認識されつつあります。典型的な症状は、進行性の小脳性運動失調で構成され、発症年齢と進行速度は、犬種によって異なります。小脳の組織病理学的所見では、通常、顆粒細胞層と分子細胞層の二次枯渇(こかつ)の変性が伴った、プルキンエ神経細胞の一次変性と喪失が見られます。CCDに関連する原因遺伝子が特定されている犬種では、有病率を減らすためにスクリーニング検査をして計画的なブリーディングを行うことができます。
  • カテゴリー:
    神経系・神経疾患 - 脳や脊髄、神経に関連する疾患
  • static-content..gene:
    SNX14
  • Variant Detected:
    8塩基対の削除TCAAGGCA
  • Severity:
    Moderate-Severe. This is a disease with significant welfare impact on the affected animal, in terms of clinical signs and generally reduced life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Vet Rec. 2014 Mar 29;174(13):334. doi: 10.1136/vr.g2347.

小脳皮質変性症(ハンガリアンビズラ系)

¥16,600

カート