マルチシステム変性/多重システム退化(チャイニーズクレステッド系)

マルチシステム変性/多重システム退化(チャイニーズクレステッド系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    マルチシステム変性症は、チャイニーズクレステッドが罹患する進行性の遺伝性神経疾患である。生後3~6カ月で震え、歩様異常、平衡感覚不良を認めます。その後、重度の歩行異常、平衡感覚障害、頻繁な転倒、異常な体位、異常な眼球運動へと徐々に進行し、最終的には動くことが出来なくなります。
  • カテゴリー:
    神経系・神経疾患 - 脳や脊髄、神経に関連する疾患
  • static-content..gene:
    SERAC1
  • Variant Detected:
    del GTAA and point mutation G>C
  • Severity:
    Low-Moderate. This disease can cause some discomfort and/or dysfunction in the affected animal. It does not generally affect life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Johnson GS, Mhlanga-Mutangadura T, Morava E, Kozicz T, Taylor JF, O’Brien DP, Schnabel RD. Canine Multiple System Degeneration is Associated with Distinct SERAC1 Mutations in Two Different Dog Breeds [abstract]. Presented at the 63rd Annual Meeting of the American Society of Human Genetics in Boston, Massachusetts; 2013 Oct 22-26.

マルチシステム変性/多重システム退化(チャイニーズクレステッド系)

¥16,600

カート