Blood Groups

Blood Groups

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    黒毛濾胞形成不全(BHFD)は常染色体劣性遺伝で、黒い毛の部分だけに起こる脱毛症(抜け毛)の一種です。バイカラーやトリコロールの犬でみられます。仔犬は正常に生まれますが、正常な暗色で光沢のある黒毛の鈍化が見られることがあります。隣接する白い皮膚の毛は正常に生育します。時間が経つと、黒い毛はもろくなり、切れやすくなります。黒い毛が生えなくなり、皮膚が鱗状になることもあります。BHFDは、色彩希薄な動物(例えば、ブルーやフォーン犬)で脱毛が見られる「色彩希薄性脱毛症」と関係があるかもしれないと考えられています。どちらの症状も皮膚と毛の色素であるメラニンの処理と輸送の欠陥に関係しているようです。BHFDでは、黒い毛の部分の毛包に異常があり、メラニンの塊、毛包の歪み、過角化が病理組織学的に認められます。これらの異常な毛包は感染しやすいため、皮膚の患部は細菌性毛包炎を発症し、非常に刺激性が高く、時には皮膚の深部感染(膿皮症)につながる可能性があります。治療は対症療法で、異常毛や欠損毛が正常な毛に置き換わることはありません。細菌性毛包炎には、外用消毒薬や抗生物質が使用されます。抗脂漏性シャンプーやオイルリンスはしばしば有効で、オメガ脂肪酸などの一般的な皮膚治療が行われることもあります。最近、メラトニン、エトレチナート(合成芳香族レチノイド)、ナイアシンアミドなどの治療が有効であると報告されています。罹患犬は繁殖に使ってはいけません。現在ではいくつかの犬種で、繁殖前のスクリーニングのためのDNA検査が可能になっています。
  • カテゴリー:
    形質(表現型と関連する疾患)
  • static-content..gene:
  • Variant Detected:
  • Severity:
    It is a trait and so is tested based on preference, not usually for health concerns.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Vet Dermatol. 2006 Jun; 17(3): 182-188. Vet Rec. 1978 Jan 28;102(4):87. [PubMed: 636237] "犬の毛色と関連する条件". サスカチュワン大学 University of Saskatchewan, 02 June 2011. Web. 03 Apr. 2014. . Dog Coat Colour Genetics http://doggenetics.co.uk/ Schmutz, SM., Moker, JS., Clark, EG., Shewfelt, R. : Black hair follicular dysplasia, an autosomal recessive condition in dogs. Can Vet J 39:644-6, 1998. Pubmed reference: 9789677.

Blood Groups

¥16,600

カート