Beta Manisidosis (German Shepherd Type)

Beta Manisidosis (German Shepherd Type)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    常染色体遺伝性劣性腎症(家族性腎症)は、腎臓の遺伝性疾患です。慢性腎臓病の症状は通常、生後6か月から2歳の間に現れ始め、過度の喉の渇きと排尿、体重減少、倦怠感、嘔吐、食欲不振が含まれます。通常、タンパク質は尿中には存在しませんが、罹患した犬には、血液からのタンパク質が欠陥のある腎臓によってろ過されず尿中に現れる可能性があります。異常な量のタンパク質が、生後5か月という早い時期に尿中に検出されることもあります。罹患犬は、最終的に1年以内に慢性腎不全で死亡します。
  • カテゴリー:
    血液・リンパ性疾患 - 血液とリンパに関連する疾患
  • static-content..gene:
    GP9遺伝子、chr20
  • Variant Detected:
    chr20:3025814-3028273del2460
  • Severity:
    Moderate. This disease can cause significant signs of discomfort and/or dysfunction in affected animals. It may involve relatively high treatment/management costs, and can sometimes reduce life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Davidson AG et al. Genetic Cause of Autosomal Recessive Hereditary Nephropathy in the English Cocker Spaniel.(イングリッシュ・コッカー・スパニエルの常染色体劣性遺伝性ネフロパチーの遺伝的原因). (2007) J Vet Intern Med, 21, 394-401 Lees, G.E. : 犬の糸球体基底膜IV型コラーゲン欠損による腎臓病. J Vet Emerg Crit Care (San Antonio) 23:184-93, 2013. Pubmed reference: 23464675. DOI: 10.1111/vec.12031.

Beta Manisidosis (German Shepherd Type)

¥16,600

カート