肢端切断症候群 / つま先無痛症(スパニエル、ポインター系)

肢端切断症候群 / つま先無痛症(スパニエル、ポインター系)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    AMSと略されるこの症状はややまれであり、犬は徐々につま先をオーバーグルーミング(舐めすぎ)したり、パッドや足を噛んだりして出血や潰瘍を引き起こします。これは、細菌や真菌の感染症、そして多くの場合潰瘍につながります。症状は、「エリザベス」コーンまたは抗不安薬を使用して管理できます。障害を管理できない場合は、安楽死が一般的です。 GDNF遺伝子の変異が犬のニューロンの軸索の発達に影響を及ぼしているのは神経学的であり、これは痛みや体温感覚を認識する感覚の低下につながります。
  • カテゴリー:
    神経系・神経疾患 - 脳や脊髄、神経に関連する疾患
  • static-content..gene:
    GDNF
  • Variant Detected:
    GDNF 制御遺伝子
  • Severity:
    Moderate-Severe. This is a disease with significant welfare impact on the affected animal, in terms of clinical signs and generally reduced life expectancy.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    PLoS Genet. 2016 Dec 29;12(12):e1006482.

肢端切断症候群 / つま先無痛症(スパニエル、ポインター系)

¥16,600

カート