A遺伝子 (フォーン/セーブル/トライカラー/タンポイント)

A遺伝子 (フォーン/セーブル/トライカラー/タンポイント)

¥16,600
  • TEST OVERVIEW:
    アグーチシグナリングペプチド(ASIP)遺伝子の研究により、犬の毛色の色素形成に影響を与える4種類の対立遺伝子が同定されました。優性の黒色遺伝子(K遺伝子座のky/ky)を持たず、E遺伝子座の「e/e」でもない犬では、アグーチ遺伝子の発現が認められ、その犬の毛色が決定されるのです。4つの対立遺伝子は階層的に働き、その犬が持つ最も優性な対立遺伝子が常に発現する(K遺伝子座はn/nとする)。最も優性な対立遺伝子は "ay "で、次に "aw"、"at"、"a "と続く。
  • カテゴリー:
    形質(表現型と関連する疾患)
  • static-content..gene:
    ASIP
  • Variant Detected:
    塩基置換 246 G>T(A82S); G>A (R83H): C>T (p.R96C)
  • Severity:
    It is a trait and so is tested based on preference, not usually for health concerns.
  • MODE OF INHERITANCE:
    Autosomal Recessive
  • RESEARCH CITATION(S):
    Science. 2007 Nov 30; 318(5855): 1418-1423.[PMC2906624] J Hered. 2003 Jan-Feb;94(1):75-9. [Pubmed/12692166] br> "犬の毛色と関連する条件". サスカチュワン大学. University of Saskatchewan, 02 June 2011. Web. 03 Apr. 2014. . 犬の毛色遺伝学 http://doggenetics.co.uk/

A遺伝子 (フォーン/セーブル/トライカラー/タンポイント)

¥16,600

カート